介護福祉の仕事を目指すのなら専門学校でしっかり学びましょう

短大や専門学校にて介護福祉士国家資格を得るためのメリット

リハビリをする

介護福祉士の資格を得るためには、「介護施設で働きながら国家試験を受ける」、もしくは「専門学校、短大、大学などへ入学し、二年または三年を経て国家試験を受ける」、という二通りの方法があります。
結論を述べますと、これらの取得方法を比較した時、後者の専門学校、短大、大学へ入学して資格を取得する方が多くのメリットを享受できます。特別な事情がない限り、介護福祉士の取得を考えているのであれば迷うことなく後者の方法を選択すべきでしょう。
では、なぜ専門学校に通うことがおすすめなのか。それは、勉強に専念できることです。
働きながらでも国家試験に合格さえすれば介護福祉士の資格は得られますが、そのためには受験資格をまず得なければなりません。
この受験資格の獲得には三年以上の従業年数、且つ従事日数540日以上に加えて、『介護職員実務者研修』の修了が義務づけられています。つまり、仕事と国家試験の勉強を三年以上、同時進行させなければなりません。
一方、養成校入学の場合、このうち働くという要素を丸々省くことができるため、その分勉強に専念できます。
また、養成校が仮に短大や専門学校であった場合、国家試験に合格さえすれば二年で介護福祉士の資格を得ることができます。つまり、働いて資格を得るより一年早く介護福祉士になれるのです。
資格取得までにどちらも三年かかるのであれば、勉強に専念できる養成校を選ぶ方が賢明かもしれません。

RECOMMENDED ARTICLE

確実に就職したいなら介護福祉の専門学校に行こう

本を読む

年齢が高い、資格がないなどのさまざまな条件により、就職先がなかなか見つからないという方、意外と多いのではないでしょうか。確実に就職したいとお考えなら、介護系の仕事を選ぶべきです。そして、少しでも良い条件で就職したいのなら、介護福祉の専門学校で、介護について学んでから就職するのがベストでしょう。介護という仕事について学ぶよい機会にもなりますし、専門学校でコツや注意点を学んでおけば、事故やケガを…

積まれた本

介護福祉の専門学校はメリットが多い

介護福祉の専門学校に通う最大のメリットは資格が取りやすくなることです。 介護福祉の専門学校は国家試験取得のサポートが充実しており、介護福祉の資格を取るための最大の近道でもあります。…

もっと詳しく

車いすの高齢者と介護士

介護福祉の仕事に就くなら専門学校で勉強しよう

介護福祉の世界は常に人手不足だといわれています。そして将来的にももっと高齢者が増え人手不足が加速することは容易に予想が出来ますが、社会的に必要な職業でもあります。 介護福祉の仕事に…

もっと詳しく

リハビリをする

短大や専門学校にて介護福祉士国家資格を得るためのメリット

介護福祉士の資格を得るためには、「介護施設で働きながら国家試験を受ける」、もしくは「専門学校、短大、大学などへ入学し、二年または三年を経て国家試験を受ける」、という二通りの方法があります。 …

もっと詳しく

ARTICLE LIST